S-ユナイテッド 代表ブログ

岐阜県の西濃地区や岐阜地区を中心に活動しているクラブの代表者の日記です

アジアカップ決勝 日本対カタール戦 感想

前半チグハグだった&悪いところが全部出た

 

アジアカップの決勝では初めて敗れた日本代表。カタールは日本をよく研究していて、優勝するに相応しいチームでした。

 

前半の日本代表は本当にチグハグしてたと思います。

前からボールを奪いに行く前3人と、相手を待ち構えて守備をしたい後ろ6人。分断された両者の間で走り回る柴崎岳選手。

 

気がつけば、南野拓実選手と堂安律選手の2人とボランチの選手の間にぽっかりスペースができてしまい、そのスペースを相手に自由に使われて攻撃を組み立てられていました。

柴崎選手がスペースを埋める為に1人で走り回ってましたけど、バランスが既に崩れてますので、ずっと後手に回ってしまいました。

 

カタールの先制点は、はっきり言ってマグレだと思います。事故のような失点でしたが、だからこそ浮き足だってしまったのかも。

GKの権田修一選手に対して、あのボールには触れたのでは?という意見もあるようですが、触っていたらビッグセーブでしたね。

Jリーグではあの体制からシュートしてくる選手なんていませんから、経験がない分だけ準備ができていたのかは疑問ですが、準備していても止められなかったと思います。

 

カタールの2点目については、寄せが甘かったかな、と。

ただ、寄せが甘くなったのにも、何となく理由があったのかもしれません。

それは、イルマトフ主審はコンタクトプレーに対してかなり敏感に笛を吹いていたのと、日本にはいつも以上にファールできない事情があったこと。

事情とは、遠藤航選手の負傷により、ボランチの控えが1人もいなかったことです。

特に塩谷司選手はクリーンにボール奪うことに気を使っているように見えました。

 

だからと言って寄せが甘くていいなんてことはないですが、どうする?どうする?って思っているうちにミドルシュート打たれてしまった感がありました。

試合後に、吉田麻也選手が受けに回ってしまったと言ってたのは、この辺りの事を言ってたのかな?と思います。

 

2失点以降、特に後半は腹を括ったというか全体が前でボールを奪うということで意思統一されてきて日本のペースになりました。

 

しかし、カタールは大迫選手を徹底的に潰す作戦で、これまでのように大迫選手がしっかりキープ出来ずにいました。

カタールの左サイドの奥のスペースがウイークポイントでしたが、右サイドの堂安選手がボールを持つ度に中にカットインしてきたのも、カタールに守りやすくしてしまった原因かと。

この大会を通じて日本の右サイド、堂安選手と酒井宏樹選手は連帯が殆どなくて、この辺りは今後の課題ですね。

 

1点を返した日本ですが、体力の限界が近かった南野選手がカタールの交代選手に完全に狙われていて、カタールに息を吹き返す要因になってしまったかな、と。

 

森保一監督は、堂安選手と南野選手、DFの冨安健洋選手の3人にはできる限り長い時間プレーさせて経験させてあげたいという意思が見てとれました。

ただ、この試合に関しては、その思いが裏目に出てしまったように思いました。

 

優勝できなかったことは本当に残念ですが、日本代表の選手達やスタッフのみなさん、お疲れ様でした。

 

 

アジアカップ関連記事

www.kazkazukazu.com