S-ユナイテッド 代表ブログ

岐阜県の西濃地区や岐阜地区を中心に活動しているクラブの代表者の日記です

中日ドラゴンズ・根尾選手が1軍でプレーした場合の陣容を考えてみた

今シーズンからプロ野球・中日ドラゴンズに入団した根尾昴選手。

キャンプ前に肉離れを起こしてしまい、キャンプは2軍スタートですが、状態が良くなれば一度1軍を体験させるという報道が出ていますね。

 

解説者の中にはショートのレギュラーは根尾選手で確定みたいな事言う人いますけど、与田剛監督は、1軍で使えるレベルにあるのであれば使うと一貫して言ってます。

周囲に比べて冷静な与田監督には期待がもてますね。

 

さて、では実際に根尾選手が1軍レベルで充分活躍できると仮定した場合、メンバーはどうなるのでしょうか?

 

世間では、ポジションが被る京田陽太選手の危機感を煽るような記事が多いですが、本当にそうでしょうか?

 

守備位置が被ったとしても、タイプとして全然違うと思うので、寧ろこの2人は共存できると思うんですよね。

京田選手にセカンドの練習させてるのも、共存の道を探るためだと思います。

 

私なりに、根尾選手が1軍でプレーした場合の陣容を考えてみました。

 

怪我や不調を抜きに考えると、

ビシエド選手(ファースト)

アルモンテ選手orモヤ選手(レフト)

大島洋平選手(センター)

平田良介選手(ライト)

は決まっていると思います。

キャッチャーは特殊なポジションですので、ひとまず置いておきます。

 

ショート・根尾選手が決まってると仮定して、外野の4番手で藤井淳志選手も決まり。

 

さて、残るは内野が5〜6枠で外野が1〜2枠

 

私のイメージでは中日には左バッターは多いけど、右バッターは少ない印象です。(特に外野は左バッターが多い)

ですので、右バッターというだけで貴重な存在だと思うんですよね。

 

つまり、右バッターかつ長距離砲の福田永将選手は確定。

また、守備が上手い堂上直倫選手も可能性が高いかと。

 

外野の残りの枠は、沢山の人数で争うことになりそうですが、レフトしか守れない選手は厳しそう。

 

内野に戻って、代走要員としても京田選手は必要だと思うんですよね。盗塁できる選手は少ないと思うし。

 

あと2枠。

ここで私が注目したいのが阿部寿樹選手。

外野にもチャレンジしているみたいですし、堂上選手ほどではないにしても、内野もユーティリティにこなします。

 

阿部選手がいれば、外野手が1人多い状態にもなる為、中盤から終盤にかけて積極的に作戦が立てられるのでは?

外野守備がある程度できるようになることが前提ですが…

 

いよいよ最後の1枠。争うのが亀澤恭平選手と高橋周平選手です。

 

ところで、今まで名前を挙げてきた選手達で打順を組むと、2番以外の打順は埋まってしまうんですよね。

1番 大島選手(平田選手)

2番 

3番 アルモンテ選手(平田選手・大島選手)

4番 ビシエド選手

5番 平田選手(アルモンテ選手)

6番 福田選手

7番 根尾選手

8番キャッチャーで9番ピッチャー

 

高橋選手は2番タイプでもないし、代打で活躍できるタイプでもないと思います。

 

亀澤選手が京田選手と2番争いをして、スタメンを外れたとしても、代打経験長いのでベンチに置いといても大丈夫かな、と。

よって亀澤選手ですね。

 

6番に高橋選手を置くのもありですが、先にも述べたように右の長距離砲は貴重なので、福田選手は外せないという考えです。

 

外野の控え選手達の打撃の状態次第では、外野を1枠削って高橋選手を1軍に置く可能性もあるかと。

 

中日ドラゴンズにめちゃくちゃ詳しいわけではないので、トンチンカンなところもあると思いますが、私なりの意見を考えてみました。