S-ユナイテッド 代表ブログ

岐阜県の西濃地区や岐阜地区を中心に活動しているクラブの代表者の日記です

相次ぐ不適切な動画問題について

くら寿司が不適切な動画投稿に対しての法的措置を取るという対応を発表して以降、セブンイレブンやファミリーマート、バーミヤンでも相次いで不適切動画が確認されて問題になってますね。

 

見つかってないだけで、同様なイタズラをしている人は恐らくもっといると思うし、SNSで投稿してないけれど動画に撮ったという人もいるのではないかと思います。

あのような行為自体にも疑問がありますが、もっと疑問なのは、何でSNSにいちいち動画をUPするんでしょうか?

 

今回は、行為の是非ではなくて、SNSに投稿する事にスポットを当てて書きたいと思います。

 

本当に何で投稿するのでしょうかね。

炎上することで、動画再生回数を増やして広告収入でも得ようとしてるんでしょうか?

有名になりたいから?ユーチューバーになりたいから?

 

私は、

SNSを通じて人と繋がっているから

だと思います。

 

よく見かけませんか?カフェやファミレスで向かい合って座ってるのに、お互いにスマホを触ってばかりの人達を。

居酒屋やご飯屋さんで、絶えずスマホを触りながら話し込んでるグループを。

 

このような人達にとっては、リアルで会う人もSNSを通して繋がっている人も「友達にはかわりない」という感覚なのではないかな?と思います。

 

リアル友達は会った時に色々話せるけど、SNS友達とはSNSを通じてしか話すことが出来ません。

だから動画撮影してSNSに投稿し、SNS友達に

今日はこんなくだらないことをしたよ

って伝えてるんじゃないかな?と思います。

(やってることは、くだらないとか言うレベルじゃないけど)

 

そのような人達にとっては、動画投稿が炎上する事自体が本当に意味がわからないのではないかと思います。

 

何で友達でもない人が動画みてんの?

何で友達でもない人がいちいち絡んでくるの?

と感じているのではないか、と思います。

 

例えばショッピングモールで、すれ違う人全員に、こんにちは!と挨拶する人なんていないですよね。

自分と気が合わない人や嫌いな人とは極力関わらないようにします。

 

でも、そうじゃないのがSNS(インターネット)の世界なんですよね。

 

なてなブログも同じです。どこの誰か全く知らない人のブログに⭐️をつけたり、ブックマークしたりコメントしたり読者になったり。

時には誹謗中傷に近いようなコメントや、反論コメントもあると思います。

 

世界中の人が観てる以上、それが普通なんですよね。

 

ですが、SNS友達もリアル友達もみんな同じ友達と思っていると、現実世界とネットの世界が混同してしまいます。

 

結果、友達に向けている投稿動画なのに、知らない人に見られてしまって炎上する。

けど、投稿した本人は、どうして友達以外の人が見てるのか全然わからない。

そんな状況なのではないでしょうか?

 

ネットリテラシーの問題なんでしょうけど、学校で教えてどうにかなる問題でもないかと感じています。

 

ネットの繋がりもいいけど、現実社会で繋がりを持つことの良さや大切さを伝えていくしかないのではないでしょうか?