S-ユナイテッド 代表ブログ

岐阜県の西濃地区や岐阜地区を中心に活動しているクラブの代表者の日記です

中日ドラゴンズ、正捕手は誰だ?

2月1日からプロ野球のキャンプが始まっています。

地元球団の中日ドラゴンズといえば根尾昴選手と松坂大輔投手の2人の人気が相変わらず凄いみたいですね。

そんな中で起こった松坂投手の事故(と言っていいと思います)は本当に残念です。

 

さて、そんな中日のレギュラー争いで注目なのが正捕手争い

 

昨年は、大野奨太捕手をFAで獲得したものの、怪我の回復具合が思ったほどではなかったみたいで、松井雅人捕手が正捕手でしたね。

今シーズンから監督もコーチも変わって、正捕手争いも横一線のスタート!

誰が正捕手になるのでしょうか?

 

キャンプの1軍と2軍の振り分けから見ると、首脳陣は大野奨太捕手の怪我の回復具合が1番気になっているのかな?と思います。

過去の実績からすれば、怪我さえ治っていれば大野捕手が1番正捕手に近いかもしれませんね。

 

ベテランの武山真吾捕手や松井捕手に関しては、ある程度実力は把握しているという意味での2軍スタートだったと思います。

この2人は、怪我さえしてなければいつでも使えるという印象なのかな?と推測します。

 

嫌な言い方をすると、現時点では、この2人は正捕手というよりは2番手捕手的な位置付けになっているような気がしないでもないです。

 

高卒ルーキーの石橋康太捕手は体作りから。

桂依央利捕手は、今のところ候補から外れている印象です。

 

1軍スタート組で首脳陣が期待しているのが、加藤匠馬捕手と木下拓也捕手だと推測します。

加藤捕手は強肩、木下捕手はバッティングが売りですが、それだけでは正捕手になることはできません。

 

今年の中日には中村武志コーチと伊東勤ヘッドコーチ、2人も捕手出身の首脳陣がいます。

 

加藤捕手・木下捕手の良いところと課題を探した上で、開幕までに課題がどこまで克服できるかを見たいのではないでしょうか?

 

新聞紙面やTVでは加藤捕手の名前がやたら出てきますが、中村コーチは「勝てる捕手を使う」と言ってますので、強肩だけでレギュラーってことはないと思います。

 

そもそも、そんな強肩の捕手が今までずっと2軍だったのには絶対に理由があるはずですので、理由の部分が克服できないとレギュラーは厳しいかと。。。

 

最後に杉山翔大捕手。

私は、この選手が正捕手のダークホース的な位置付けなのではないかと推測しています。

 

一時期、正捕手になれる寸前のところまでいきましたので実力は充分あると思います。

 

昨シーズン、1軍出場がなかったことが危機感に繋がり、2016シーズンの良かった頃か、それ以上になれば可能性はあるのではないでしょうか?

 

この先、練習試合やオープン戦が始まると、いよいよ正捕手争いのサバイバルが始まります。

 

正捕手の座は誰が掴み取るのでしょうか?

 

ちなみに、私個人的には松井雅人選手に頑張って欲しいです。