S-ユナイテッド 代表ブログ

岐阜県の西濃地区や岐阜地区を中心に活動しているクラブの代表者の日記です

ゼロックススーパーカップ 感想

Jリーグ開幕前のカップ戦と言えば、ゼロックススーパーカップですね。

今年は

川崎フロンターレvs浦和レッズ

という組み合わせでした。

 

シーズン3連覇&ACL初制覇を狙う川崎フロンターレ。一方、2年ぶりのACL制覇及びリーグ戦タイトルを狙う浦和レッズ。

…と言うか、両クラブともに全てのタイトルを獲る意気込みだと思いますし、その為のオフの補強も充実していましたね。

 

試合を観た感想は、

川崎フロンターレの攻守の切り替えの速さは昨シーズン以上

 

今シーズンはセンターFWにレアンドロ・ダミアン選手が加入しました。

 

ダミアン選手はそんなに守備しない(と言うかできない)だろうな、と思っていましたが、めちゃくちゃ守備も頑張る選手でビックリしました!

 

あれだけ守備を頑張ってくれる上にポストプレーでボールを収めてくれて、さらに高さもある。

前線の高さは、唯一フロンターレに欠けていた部分ですので、ダミアン選手の加入は本当に大きいと感じました。

 

もう1つ、フロンターレは最年長の中村憲剛選手や家長昭博選手・小林悠選手と言ったベテラン選手達がとにかくサボらない。

 

彼らに加えて、ボランチの守田英正選手や大島僚太選手もボール奪取が上手いんですよね。

 

ボールを奪われた瞬間から直ぐに切り替えて、なるべく高い位置で奪い返して攻めに転じる。

かなりクオリティが高いと思いました。

 

川崎フロンターレ、今シーズンのもう1つの変化が右SB。

 

不動のレギュラーだったエウシーニョ選手が清水エスパルスに移籍した穴が埋まるかどうかが注目でしたが、こちらも新加入のマギーニョ選手と馬渡和彰選手の2人でしっかりカバーできそうです。

 

2人とも攻撃の能力は高いし、それ以上に賢い選手だと感じました。

エウシーニョ選手のように得点が取れるかどうかはわかりませんが、チームにはフィットしていましたね。

 

これだけのメンバーがいながら、控えに齋藤学選手や阿部浩之選手や移籍加入の山村和也選手などもいるという選手層の厚さ。

怪我人さえ続出しなければ、今シーズンもリーグ優勝の本命ですね。

 

ただし、ACLで早々に敗退するような事態になると、昨年以上にダブついている前線の選手達の扱いに困ってしまうかな、とは思いました。

 

浦和レッズは、セレッソ大阪から杉本健勇選手を獲得したこともあり、今シーズンは2トップの布陣が主になるのでしょうか?

 

今日の試合を見る限りでは、2トップのコンビネーションなどはもう少し時間がかかるのかな、という印象です。

フロンターレにボールを持たれる時間は長かったですが、特に前半は流動的に動く川崎の選手達にしっかりと対応できていたのが凄いと思いました。

 

レッズはイメージ的には派手な印象がある方が多いような気がしますけど、結構堅実なんですよね。どちらかと言えば守備力が高いチームだと思っています。

 

今日の時点では川崎の方が浦和より完成度は上でしたが、浦和はまだまだ試行錯誤している状態に見えましたので、シーズンが始まると少しずつ上向いてくるのではないでしょうか?何人か怪我人もいるみたいですし。

 

あと、やっぱり西川周作選手のフィード能力はズバ抜けて凄いと思うので、代表復帰熱烈希望です!

 

来週、いよいよJリーグ開幕!

楽しみな1年のスタートです!!

 

P.S

中澤佑二さん、よく喋る人だなぁ(笑)