S-ユナイテッド 代表ブログ

岐阜県の西濃地区や岐阜地区を中心に活動しているクラブの代表者の日記です

サンフレッチェ広島の完全ターンオーバーについて

昨日行われたサッカーのACL、アジアチャンピオンズリーグ。

日本のサンフレッチェ広島が中国の広州恒大と対戦し、2-0で敗れました。

 

サンフレッチェ広島は、直近のリーグ戦からメンバー11人全員入れ替えるという完全ターンオーバーで戦った上で敗れたとあって、ACL軽視だとか色々言われてますね。

 

はっきり言って仕方ないんじゃないの?

加えて言うと、全然アリだと思うけど?

 

ってのが個人的な感想ですね。

 

そもそも、サンフレッチェ広島より予算規模が大きいクラブは去年何してたの?

Jリーグの優勝予想や順位予想が難しい理由の1つに、予算規模の大小があまり順位に反映されないというのがあると思います。

 

考えてみてください。昨シーズン、中盤以降の大失速がなければ優勝チームは川崎フロンターレではなくサンフレッチェ広島だったんですよ!

 

天皇杯決勝でベガルタ仙台が勝っていたら、浦和レッズではなくベガルタ仙台がACLに出場していたんですよ?

 

今季のベガルタの前評判は高くはない、、、というより正直言って低いです。選手層もどちらかと言えば薄いと思います。(仙台サポのみなさん、ごめんなさい)

 

世界的にはどうかわかりませんが、普通に考えて、より大きな投資ができるクラブの方が順位が上にきたりするものなんじゃないですかね?

 

それともう1つ、全員選手を代えて試合することができるって、実は凄くない??

 

せいぜい半分入れ替えまでだと思うんですよ。

でも、11人全員代えることができるのは、

 

1.コンディションが整っている選手が多い

2.監督が実戦で試してみたいと思う選手が多い

 

ってことじゃないでしょうか?

 

想像してみてください。

ACLのグループリーグを経験した選手がリーグ戦で活躍して、結果的に選手層が厚くなる。

連勝を重ねてリーグ優勝!!

クラブに多額の賞金が入ってきて、設備投資や補強に充てられる。

ACLやリーグ戦で活躍した若手選手が、移籍金をクラブに残して移籍することもあるかもしれません。

これでクラブはまた潤う。。。

 

最高じゃないですか!!

 

中規模のクラブにとって、これ以上ない状況を手にする権利をサンフレッチェ広島は持っていると思います。

 

もちろん、簡単にはいかないしグループリーグ敗退すれば批判も凄いとは思います。

 

ですが、この先何年、サンフレッチェ広島というクラブがJリーグで上位に居続ける為には必要な完全ターンオーバーだと思います。