S-ユナイテッド 代表ブログ

岐阜県の西濃地区や岐阜地区を中心に活動しているクラブの代表者の日記です

日本は競技スポーツ大国だと思う

一口にスポーツと言っても色々あります。

そのうちの1つ、競技スポーツについて自分なりの考えを書いてみました。

 

私の感覚では、日本人の多くは

スポーツ=競技スポーツ

と考えているのではないかと思います。

なぜかというと、

小さな頃から体育の授業で競技しているから

 

経験あると思うのですが、体育の授業でクラスの中でチーム分けしてリーグ戦とかやりませんでしたか?

あれ、正に競技スポーツだと思います。

 

球技大会も部活も、運動会でも。

みんな小さな頃から絶えず競技スポーツしてるんですよね。

運動会って、厳密には運動競技会になると思うんですよ。

 

競技スポーツの特徴は勝ち負けに重きが置かれてること。

運動会が良い例で、優勝は赤団で準優勝は黄団みたいにやりますよね。ご丁寧に優勝旗まであります。

得点差はあるけれど、赤も青も黄色も皆んな頑張りました!だから、みんな優勝!みたいにならないですよね。。。

 

技術やフィジカルを高めるのが競技スポーツだと思っている方がいらっしゃいます。

全く違うわけではなく、そういった一面もありますが、実際にはちょっと違うかな?と思います。

 

私達は小さな頃から競技スポーツに慣れている、、、というより競技スポーツしか知らない

だから大人になっても、シニア世代になっても競技スポーツする人が多いんですよね。

 

何の話かというと、ランナーのことです

 

ランナーのみなさんは、口々に楽しく走りたいとかエンジョイ志向だと言います。

でも、実は殆どの方が競技志向なんですよね。

 

だって、みなさんおっしゃるじゃありませんか!

次の大会で自己ベストを更新したい

って。

そのために毎日走って、月間で200キロとか300キロとかを目標にしてますよね。

立派に競技してますよ。

 

日本では競技スポーツが幅を利かせすぎてしまい、生涯スポーツが浸透しにくい環境にあると思っています。

 

私が運営しているS-ユナイテッドでは、生涯スポーツとして楽しんでもらえる環境を目指しているのですが、中々理解されにくい現状です。

 

そもそも、みなさんは

生涯スポーツ=何歳になっても運動できることだと思っていませんか?

それ、多分違います。

 

生涯スポーツってなんだろう?

それはまた、明日。