S-ユナイテッド 代表ブログ

岐阜県の西濃地区や岐阜地区を中心に活動しているクラブの代表者の日記です

中日ドラゴンズ、今シーズンを予想

いよいよ今週末から開幕するプロ野球のペナントレース

 

ここ数年、Bクラスが続いている地元の中日ドラゴンズ

今年はどんなシーズンになるのでしょうか?

私のセリーグ順位予想です。

 

1位 読売ジャイアンツ

2位 広島カープ

3位 ヤクルトスワローズ

4位 阪神タイガース

5位 横浜DNAベイスターズ

6位 中日ドラゴンズ

 

巨人と広島が他の球団に比べると1歩リードしていると思います。

3位以下は、、、

よくわかんない(笑)

それくらい差はないって意味です。

4チームのうち、どこが3位でもおかしくないと思うし、どこが最下位でもおかしくないと思います。

 

そんな中、申し訳ありませんが地元の中日を最下位と予想させていただきましたm(_ _)m

理由は、

不確定要素が多すぎる

 

例えば予想される先発ローテーション

笠原祥太郎投手

ロメロ投手

大野雄大投手

吉見一起投手

柳裕也投手

山井大介投手

 

笠原投手と柳投手は、1年間ローテを守れるか未知数。

ロメロ投手は来日1年目で未知数。

大野投手はここ数年下り坂で未知数で、山井投手は1年間通しては厳しそう…

 

二軍にいる先発候補も怪我の回復がいつになるか未知数だったり経験値が無くて未知数。

 

中継ぎ以降が充実していると言われてますけど、先発陣が崩れたら中継ぎにシワ寄せが来るわけで…

春先から登板機会が多くなれば夏場にバテてしまいます。

 

3連投はさせない方針らしいですが、それは先発ピッチャーがある程度投げてくれること前提の話だと思います。

 

野手陣も、捕手の軸が大野奨太選手なのか加藤匠馬選手なのかよくわかりません。

大野選手は、セリーグでどれくらいできるのか未知数。

加藤選手は経験値が未知数。

 

セカンドも亀沢恭平選手なのか阿部寿樹選手なのかわかんない。

ショートも、京田陽太選手の評判がここにきてガタ落ち。

堂上直倫選手もレギュラーとしては未知数。

 

外国人選手も、アルモンテ選手が2年目も結果が出せるのか未知数。

 

これだけ不確定要素が多いチームは中日しかないんじゃないでしょうか?

 

しかし、これらの不確定要素は必ずしも悪い方向にいくとは限りません。

 

不確定要素が良い方に傾けば、3位になって久しぶりのAクラス&クライマックスシリーズ進出もあるかも…

 

競争を促している割には、そこまで激しい競争をしているように見えないのが不安ですが、シーズンが始まったら快進撃を見せてくれることを期待しています。