S-ユナイテッド 代表ブログ

岐阜県の西濃地区や岐阜地区を中心に活動しているクラブの代表者の日記です

新元号は令和に決定

本日の11時30分、新元号が

令和

に決定したという報道がありました。

 

私は仕事中だったのですが、11時30分過ぎに少し耳を疑いたくなるような声が聞こえてきたんですよ。。。

 

新元号は命令の令に平和の和で令和に決まったらしいよ

 

ん???

命令の令だと??

それはマズいんじゃないの???

 

と思いましたが、万葉集から引用したそうで、引用元になった詠の内容は、梅のように希望に満ちたとか人々が心を寄せ合ってなどと、かなり美しい内容のようです。

 

5/1から令和元年がスタートするわけですが、はっきり言って令和に変わったからと言って生活が激変するわけではありません。

でも、何かを変えるキッカケにはなるのではないでしょうか?

国家や自治体レベルでなくても、個人レベルでも変わるキッカケになると思います。

 

私の場合ですと、元号が変わる年に、こうしてブログを毎日更新しているわけで、このブログ更新をキッカケに人生の大きな変化が起こるかもしれない?

願望ではありますが、続けている以上可能性はゼロじゃない…はず。。。

 

さて、あと1ヶ月経てば確実に令和元年になるわけですが、令和になるにあたり私が感じたことを書いてみますね。

 

1.命令や律令の力で和をなしてほしくない

最初に思ったことはこれです。

万葉集の詠は綺麗だと思います。

 

でも、令和の令は命令の令と言えてしまうんですよね。

令という漢字のイメージは、多くの方にとって命令の令だと思うんですよ。

 

法律は大事ですが、上からの命令や律令(法律)の力でもって和をなす(平穏な日常を送る)時代はちょっと嫌ですね。

 

2.時代の変化に取り残されない

今回の元号、初めて日本の古文学からの引用なのだそうです。

それまでは、ずっと漢文学からの引用が続いていたそうで、従来の方法に囚われない選び方なんですよね。

 

大げさに言えば、時代は変わったとでもいいましょうか?

 

技術の進歩やインターネットの普及によって、目まぐるしく色んなことが変わっている時代です。

 

今回の選定方法、日本という国家から

時代の変化についていかないと、取り残されちゃうよ

と言われているような気分でした。

 

日常生活でも、職場でも、様々な場面で従来のやり方が通用しなくなってきています。

 

変化を敏感に感じ取って行動していかないと、時代に取り残されてしまうかもしれません。

そのために、感性は磨いていきたいな!と思いました。

 

行動って言っても何していいか分かんないし、闇雲に行動したって意味ないし。

 

行動の前に、感じる力を養いたい!

 

平成から令和へ。

新しい時代がやってきます。

より良い時代になるといいな。ではなく、一人一人の力で良い時代にしたいですね!