S-ユナイテッド 代表ブログ

岐阜県の西濃地区や岐阜地区を中心に活動しているクラブの代表者の日記です

女子サッカー 日本vsドイツ 感想

昨夜のことになりますが、BSでなでしこジャパンの強化試合を観ました。

 

ドイツ2-2 日本

 

結果だけを見ればドローなのですが、正直なところ

アスリート女子(ドイツ)vsサッカー少女(日本)

の試合を観ているようでした。

日本の2得点はいずれも、ドイツGKの有り得ないポカミスで手にしたもの。

 

W杯本番であれば結果オーライって話なんですけど、昨日は強化試合でしたから…

 

格上のドイツ相手とは言え、両者の力関係は思った以上にあることがよくわかりました。

 

それにしても

やっぱりセンターラインが決まらないんですね

特にボランチの2人が全く決まらない様子。

 

この試合は杉田妃和選手と三浦成美選手で組んでいましたが、2人ともディフェンス面では全くと言っていいくらい何のフィルターにもなっていなかったのは残念でした。

 

ドイツのカウンターが面白いようにハマっていました。

ボランチ含む中盤4人が前がかり過ぎて、奪われると一気にゴール前まで来られてしまい、ピンチの連続でした。

 

攻撃時に全員が前がかりになる→ボールを奪われカウンター→シュート打たれる

 

↑のような展開が90分間ずっと続いていて、ベンチからの指示はなかったのか疑問でした。

 

前も似たような事書きましたけど、高倉麻子監督は選手に求めすぎてると思うんですよね。 

www.kazkazukazu.com

 

試合中に自分達で考えて修正することを求めてるんじゃないか?って思うくらい何も指示してないように見えて仕方ないです。

昨日の試合に関しては、ベンチのマネジメント能力も疑わざるを得ない印象を持ちました。

 

何よりも驚いたのが、ドイツの選手達の基礎能力の高さ!

止める・蹴る・ドリブルで運ぶ・スペースに走る等の基本的な能力が高い選手が多かったですね。

はっきり言って、男子サッカーと遜色なかった

 

あれくらいレベルの高い選手同士がリーグ戦で戦うのであれば、女子サッカーリーグも観客が入って盛り上がるだろうと感じました。

 

反対に、日本の選手達の基礎能力の低さにも驚きました。

 

ほんの少し、強いプレッシャーをかけられるだけで焦ってミスをしてしまう選手が多かったです。

日本の選手の中では技術力が高いと言われている長谷川唯選手ですら、プレッシャーをかけられると殆ど何もできないのを観た時は悲しかった…

 

唯一、プレッシャーを受けながらもボールをしっかりコントロールしていたのが杉田妃和選手。

ボランチの相棒に宇津木瑠美選手などのディフェンス能力が高い選手と杉田選手で組むと面白いかもしれませんね。

 

最後にひとつ。

女子サッカーの解説の方は、もう少しハッキリとダメなところはダメと言っていいのではないでしょうか?

昨日の解説は永里亜紗乃さんでしたが、日本が殆ど良いところがない中で、慎重に慎重に言葉を選んで話していました。

 

永里さんに限らず、女子サッカーの解説者の方々は、ポジティブなことは積極的に言いますが、ダメな部分は表現をぼかす人ばかりなんですよね。

あれは何でなんでしょうか?

 

これでW杯メンバー発表前のテストマッチは全て終了。

ちょっと不安が目立った強化試合でした。