S-ユナイテッド 代表ブログ

岐阜県の西濃地区や岐阜地区を中心に活動しているクラブの代表者の日記です

なでしこリーグがプロ化?

JFAの田島幸三会長から、21年か22年に女子サッカーリーグ・なでしこリーグをプロ化したいという発言がありました。

 

女子のプロ化は恐らくはこれまでも話し合いをされてきたのだとは思いますが、私のイメージとしては急な話だなと感じました。

 

今年が2019年ですから、早ければ2年後か3年後にはプロ化されるということです。

 

協会的には、

今年のW杯でなでしこジャパンが大活躍!再び女子サッカー人気が上がるなでしこリーグのプロ化東京五輪でなでしこジャパンが大活躍!リーグも軌道に乗る

という青写真でも描いてるのかな?

 

浦和レッズレディースを始め、女子チームがあるJリーグクラブは増えてきています。

今後も増えていくとは思いますが、Jリーグクラブの女子チームですら選手全員とプロ契約を結んでいないのが現状です。

 

唯一、選手とプロ契約を結んでいるクラブがINAC神戸レオネッサですが、全チームが完全プロ化は資金面で無理です。

スポンサー云々の前に観客が少なすぎます。

 

1試合あたり数百人という観客数で、クラブはどのように売上を作っていくのでしょうか?

グッズの売上はどれくらい?

 

Jリーグクラブの売上の肝は、スポンサー収入ではなくチケットやグッズの売上です。

協会もそれは分かっているはずなのですが、観客動員についてはどうやって増やしていくのでしょうか?

 

それとも、JリーグのDAZNマネーのような巨額なスポンサードをしてくれる企業のアテでもあるのかな?

 

協会は焦っているのかも。

 

というのも、最近人気が上がっているスポーツに女子野球があるからです。

 

女子プロ野球ができてから、女子の硬式野球部はどんどん増えています。

 

岐阜県にも、岐阜第一高校に女子の硬式野球部が誕生しました。

そして、この学校の監督さんは元女子プロ野球選手なんだそうです。

 

一方で、高校の女子サッカー部は思ったようには増えてないと思います。

 

学校のHPやSNSなどでも、女子硬式野球部の活動がスタートしました!とか、少女野球チームを新しく作ります!みたいな動きは度々目にします。

 

一方で、女子サッカーチームを新しく作りますって話は目にしたことがないです。

1つのチームなり大学なりが、子どもから大人まで楽しめる環境を作ってる話は聞きますが。

 

これだと、女子野球ができる場所は増えていくけど、女子サッカーは一極集中になりかねません。

 

結果的に、女子の野球人口は増えて、サッカー人口は減ってしまうと思います。

 

プロ化すると、子ども達の憧れや明確な目標になります。

競技力の向上の為にもプロ化は賛成です。

 

しかし、現状は課題が多すぎて見切り発車すら難しい状況なのではないでしょうか。

 

 

 

 

なでしこ関連過去記事

www.kazkazukazu.com 

www.kazkazukazu.com