S-ユナイテッド 代表ブログ

岐阜県の西濃地区や岐阜地区を中心に活動しているクラブの代表者の日記です

J1リーグ第10節 北海道コンサドーレ札幌vsヴィッセル神戸

 BSにて、J1リーグ第10節を観戦しました。

 

北海道コンサドーレ札幌 2-1 ヴィッセル神戸

 

札幌は、以前見た鹿島アントラーズ戦と比べると別のチームかと思うくらいに完成度が高くなっていてビックリしました!

 

これで4連勝となったわけですが、勢いだけじゃなく力があると感じました。

 

感想。まずは北海道コンサドーレ札幌から。

 

小気味良いパスワークで素早く相手ゴールに迫っていて、観ていて本当に楽しかったです!

 

あのパスワークを可能にしているのが

選手同士の距離感

 

恐らく普段の練習から徹底していると思うのですが、札幌の選手達は無理な体制で長時間ボールを持たないんですよね。

特にゴールに背を向けてボールを持った時の球離れが早い。

 

フォローが早いので、前を向いている選手にすぐにボールを預けることができます。

 

ボールをもらった選手も空いてる選手や走りこんできた選手、空いてるスペースを見つけて素早くボールを出す。

 

この繰り返しで、あっと言う間に相手ペナルティエリアに侵入していきます。

 

遅攻の際は後ろでボールを動かして、前の選手の動き出しに合わせてロングボール1本。

これを可能にしているのが、福森晃斗選手の正確なフィードと鈴木武蔵選手の良いタイミングでの飛び出し。

 

攻撃の形がはっきりしている上にレベルが高い!

強いて言うなら、両サイドの選手達がエリア内に入ってもクロスという選択肢しか持って無いように見えるので、何本かに1本は外れてもいいのでシュート打ってもいいのかな?と思いました。

 

TV越しに見ていた私ですら

多分シュート打たない

と分かったくらいなので、相手ディフェンスからすると幾分守りやすいのではないかと思います。

 

前半からチャンスを生かせない中、PKで先制されましたが、進藤亮佑選手のバイシクルシュートで同点!

失点直後のスーパーゴールでほぼ勝負ありでした。

 

最後の最後にヒヤッとするシーンが続きましたが、クラブ初のJ1リーグ4連勝・おめでとうございます。

 

続いてヴィッセル神戸。

イニエスタ選手がどのタイミングで欠場濃厚になったのかよく分からないのですが、

 

勝点1を取るために準備してきたのかな?

 

と感じてしまうくらい攻撃面では何も用意されていないように見えました。

 

前からプレス→突破されたらゴール前固める

 

守備のプランは↑のようなプランだったと思いますが、前からのプレスも前後半の開始10分間しか嵌らず。

 

簡単にプレスを掻い潜られ、ボランチの前のスペースを札幌のチャナティップ選手や宮澤裕樹選手に自由に使われてピンチの連続。

 

それでも、ゴール前を固めるというプランがあったお陰で最後のところでしっかりとブロックしていました。

 

しかし、クリアが精一杯で、攻撃に転じることができませんでした。

 

セカンドボールをことごとく札幌の選手に拾われて、攻撃を受け続けます。

ビジャ選手と田中順也選手にボールが回ってくることは少なかったですね。

 

ボールを保持することができても、イニエスタ選手もサンペール選手もいない影響なのか意図を持ってボールが回せません。

 

各選手個人の能力やアイデアに頼るしかない状況でした。

それでも、西大伍選手の個人技とアイデアでPKを獲得して先制できたのですが…

 

逆転ゴールを許した後は、どう攻撃していいかピッチ上の選手達が全く描くことができなくて、時間ばかりが過ぎていきました。

 

最後の最後に、相手の隙を突いて決定的チャンスがありましたが、キーパーのナイスセーブに阻まれて5連敗…

 

ハーフタイム後の吉田孝行監督インタビューで、

自分達がやりたい事を札幌にやられてる

みたいな事をおっしゃってましたけど、自分達のやりたい事の準備を本当にしてきたのかは疑問に感じました。

 

連勝中と連敗中という対照的な両チームの対戦は、今の状態がそのまま結果にあらわれた結末になりました。